糸岡(つな)です。うっかり居酒屋の二代目になってしまった僕のつぶやき


by ito-okashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:お酒( 49 )

J-sake会

蝶野さんのお宅にお邪魔して酒、すきやきパーティー

詳しく内容を書くと、きっと誰もがうらやむ
食材とお酒だったので詳細は秘密です。

うまかった~
[PR]
by ito-okashi | 2005-10-16 23:59 | お酒

「おい、鬼太郎!」

e0070911_1391077.jpgこんなお酒もあります(うちには置いてないけど)
[PR]
by ito-okashi | 2005-10-15 01:41 | お酒

W試飲会

ダブルヘッダーで試飲会です。

まず獺祭の試飲会へ…
うちのオリジナルのお酒も造っていただいていて
一番お世話になっている酒蔵です

10時からのスタートだったけど、11時20分ごろ到着
会場に入ろうとしたら蔵元の桜井さんが困り顔
なんとお酒がまだ到着してなかったんです
午前中ということもあり、お客さんはまだあまり来ていないようだけど、
お酒の試飲会でお酒が出てこなければ話になりません

しばらくしてようやくお酒が到着し、早速試飲開始!
やっぱり美味しいな~
ここの蔵は米の磨き、遠心分離機を使った搾り、火入れの有無などで
いろいろバリエーションがあるが、こういう機会がないとなかなか
飲み比べることができない
比べてみると、その違いに改めて「おっ!」って感じになります
23%の発泡にごりが素晴らしいと思った。
クリスマス限定販売なので彼女ができたら一緒に飲みたいお酒だ
実現するのか・・・???
本当はもっと飲みたいところだけど仕事もあるし、
午後の会が別の会場があるため早めにきりあげることに。



つづいて午後は黒龍、正雪、墨廼江などを
扱う問屋さんの試飲会へ

こちらの会はレベルが高いお酒がそろっていて毎回楽しみにしている会だ
しかし、おなかがすいたのでまずは昼食をたべることに
先日の試飲会のお弁当より美味しい弁当でよかった~

まずは黒龍へ
石田屋、仁左衛門、しずく、八十八号など
なかなか手に入らないし高価なお酒をいただく
う~む、さすがなんだけど、このクラスだと僕のような
庶民だと違いがよくわからない
なんとなく八十八号が良かったかな。
実際に売るとなると特撰吟醸あたりが美味しいし価格もまあまあかな

その後はすいているところを順番にまわることにした
三重県の瀧自慢はどれも美味しいかった
福岡県の美田の山廃系統のお酒も好きな味だな~
でも三重も福岡も売り辛いんだよな・・・
本当は我々飲食店が頑張って美味しさを広めていかなくてはならないけど
お酒のイメージが無い地域のお酒は難しいのが現状
でも置いてみようかな~

正雪、初亀の静岡勢もいつものようにすーっと入ってくる美味しい酒だった
墨廼江は蔵元さんに他の試飲会でも会ったのだが、今回はゆっくり話をすることができた

最近、燗酒を勧める動きがあるのだけど、
どうやら飲食店が燗酒をあまり理解していないとのこと
だからお客さんに注文されても
「これは冷酒で飲んだ方がいい。もったいない」
と嫌な顔をするらしい。

ウチの店はそのお酒を飲むのはお客さんなので、
できる限りそういった要望には答えている。
焼酎をロックにしたりお湯割りにするのと一緒で
個人の好みだからです

個人的にも温度の違いで味が違うことに最近おもしろさを感じている
焼酎のお湯割りにも共通することだけど、味がフワ~っと広がってくるんです
日本酒の燗、焼酎のお湯割り。どっちが先に始めたんでしょうね?
あ~、ほとんど飲まずにまわったけど、さすがに疲れた
今夜は肝臓さんを休ませてあげよう

今日の戦利品

e0070911_165586.jpg

[PR]
by ito-okashi | 2005-10-13 23:51 | お酒

仕入れ

先日の高校飲み会と昨日の団体のお客さんのおかげで
品切れになったお酒がたくさんあったので酒屋めぐり


一軒目は「Y酒店」さん
ここは自分好みの日本酒が充実していて、若店主(なんて呼べばいいんだろ?)
が同年代で、とても熱心。近所なら毎日かよいたい酒屋さんだ。

そこで気になっていた「白岳仙 純米大吟醸 愛山 中取り」をまずは購入
わからない人には長ったらしい名前だね。しかも名前だけでなく結構なお値段
マニア情報としては黒龍にいた杜氏がここに移って・・・
つまらない話しはいらないですね。
ウンチクよりも実際のお酒が美味しいことが重要ですから。

このお酒はお店に置きたいというよりも自分が飲みたいがために買いました
しかも取り置きしてもらっていたがラスト1本ということ。アブナイところでした

なぜ、欲しかったかと言えば僕が「愛山」というお米のお酒が好きだからです
この米のお酒は造っているところが少なく、しかもどれも高価なお酒ばかり
でも、期待を裏切らないお酒ばかり。これもそのうちメニューに載せますよ

先日、こっそりお土産で頂いた「飛露喜 愛山」は旨かった!
できることなら愛山のお酒を集めて飲み比べ会をしたいくらいです


そのY酒店に行ったら何故かお巡りさんが!
聞いたらタバコの自販機荒しにあったとの事
そういえばこの間伺ったときも同じ被害にあっていたな。
僕が顔を出す頃 ヤツらも来るのかな?
しばらく訪問は控えようかな(ウソ)


それから若奥様もご紹介いただいた。
すてきなな奥様で羨ましいかぎりです。(美人だし・・・)
少し話をしたら僕と同じ年だそうだ。
忙しいなか、どこで出逢ったんだろう?
同じ跡取り息子の立場としてはえらい違いだ


続いてこちらも大変お世話になっている「I●●や」さんへ
こちらは貴重な限定酒がたくさんあってうちでも外せない酒屋さんの一つ
先日仕入れたひやおろしを買おうと思ったら品切れ
次に来たら買おうと思っていたものも品切れ
今年は「ひやおろし」が好評なようです

一般的に新酒の方が受けそうだけど、この時期のひやおろしは格別
こういうお酒が動き始めたということはいよいよ「日本酒ブーム」も近い?
うひひ、儲かっちゃう(妄想しすぎですね)
[PR]
by ito-okashi | 2005-10-12 23:58 | お酒

O試飲会

今週は試飲会のピークで身も心も酒浸り

今日は馴染みの酒屋さんに誘われ問屋さんの試飲会
どうやら今日は二つの問屋さんが試飲かを開いていたらしいのだが、
会場に到着すると聞いていた問屋と違うところだった

おっちゃんしっかりしておくれ!

でも、日本酒、焼酎、ワインがそろった試飲会だったので
内容的にはまずまず。

有名どころだと、浦霞、大七、酔鯨など。やはり美味しいと思ったのもそのあたり
実は、日曜日の試飲会のダメージが回復しきってないので、
ほどほどに様子をみながらの試飲でした

昼食は弁当が出るということなのだが、酒屋のおっちゃんが見当たらない
さっき、もう少ししたら食べに行こうって言ってたのに・・・
試飲会場を見渡しても見つからず食事の会場に行ったらもう食べていた

オイオイ!俺は一応あんたの客だよね。たとえ購入金額があまり高くなくても。
なんで俺に少しは気を使わないかな?一人でメシを食わせないでくれよ

ま~、おっちゃんは試飲会の日は休みなのでお酒を飲んでしまうらしく
大酔っ払いになっているのを見たこともあるし、(普通、試飲は酔わないように飲み込まない)
知り合いがいると僕をほったらかしにして話し込んじゃうし・・・
しょうがないなー、まったく…


試飲会から帰り、店も後半はヒマだったので12時前に帰宅
コリもせずワインを購入
e0070911_084737.jpg

蝶野さんが言ってたのこれかな?
明日はワインの試飲会
僕にとってはアウェー戦です
[PR]
by ito-okashi | 2005-10-06 00:12 | お酒

H酒店・蔵元を囲む会

今月はお酒の試飲会のラッシュです

今日の試飲会はずっと気になっていたのだが、なにぶん8,000円という
会費で行くのをやめようと思っていた

しかし、金曜日にK田さん(以前他の居酒屋で飲んでいたとき店員に紹介された方)が
ウチに飲みに来てくれて、絶対に行く価値ありと言う
今回の会の主催酒店は超有名店で人気のある酒は何でも持っているようなところなので
出てくるお酒はまず間違いない。

急遽、前日に参戦することにした

More
[PR]
by ito-okashi | 2005-10-02 23:58 | お酒

佐藤

手元に「佐藤・黒」と「さつま・黒」が入ってきたのでちょっと飲み比べ

「佐藤・黒」といえばこの焼酎ブームで特にブレイクした一つです
しかし、数年前までは、焼酎もこれほど騒がれてなく
「佐藤」も少し埃がかぶっているようなものをまとめ買いしたものです

それがいまや「佐藤」様になってしまった!


この「佐藤」しっかり力強い味わいで、ロックもいいが、お湯割りがうまい!
「さつま」のほうはさらにガツンとパンチがある感じ。ストレートで少し飲んで
その後お湯割りにしてみたが、「佐藤」よりいいかも!?


「さつま」と「佐藤」は値段が異なり、「さつま」は晩酌向け価格
「佐藤」は焼酎ではちょっと高めの価格
そんなコストパフォーマンスも考慮すると「さつま」の方が断然お買い得だ!
いや、自分だけ飲むのなら味も「さつま」だな

こっそりまとめ買いして晩酌用にしようかな・・・
[PR]
by ito-okashi | 2005-09-22 14:12 | お酒

清泉

e0070911_1333878.jpg今日の晩酌は『清泉・特別純米酒』

夏子の酒で「亀の翁」がモデルとなったことでも有名です
マンガでは女性が主人公で、亡き兄の遺志をついで・・・
という内容だけど実際にはそこまでドラマチックではないらしいが
貴重な酒米を苦労して復活させたようです


このお話しで有名になった「亀の翁」はなかなか飲む機会が無いお酒だけど
こちらの純米酒なんかは手軽に入手できるようです

このお酒はコクがあり、キンキンに冷やすより常温とか少し温めて飲んだほうが
良さがでると思います。

今日もお酒が好きでいろいろと飲んでいるお客さんと話をしていたけど
どんなお酒を燗にしたらうまいんだろうということでちょっと盛り上がりました
個人的には「山廃無濾過生原酒」みたいなのもおもしろいとおすすめしてみました


僕のような文字通り「売るほど酒を持っている」という人は一般的に多いとは言えない
(もちろんお酒は商品なので厳密には自分の物ではないのですが・・・)
ちょっとお酒が面白くなってきても、僕のように「生原酒」とかを
ためしに燗してみる人も少ないではないでしょうか
そうなると、なかなかいろいろな温度でお酒を楽しむ機会が得られないということになる
つい最近の自分もそうだったように・・・
でも温度のによって日本酒の楽しみが2倍、3倍に膨らむと思う
焼酎がロックや水割り、お湯割で味わいが変わるように。


あんな飲み方、こんな飲み方を是非薦めてみたい!
こだわった燗をつける設備も整えたい
でも、その前にお酒のおいしさを理解していただいて「酒信者」を増やさねば!
できれば、それでお客を増やしてガッポリ儲けねば!!!
[PR]
by ito-okashi | 2005-09-17 01:37 | お酒

みやさか

今日のお酒は「みやさか 純米吟醸 山廃生酒」
長野の「真澄」が限定で出しているお酒

今年最後のスノーボードに行ったときに買ってきたのだけど
実は04.3.26製造でその時にすでに一年近く熟成していた
幸い管理の良さそうな酒屋さんでみつけたので購入
どうせならと、しばらく冷蔵庫に入れておいた

約一年半の熟成の結果は・・・
おそらく新酒で飲んだらあるであろうピリピリ感はなくまろやかだが、
ヒネた感じはなかった
山廃のしっかりとした濃い味わい
酸度が高いせいか、しっかり引き締められる
日本酒度は-2だが、甘いというより旨味が詰まっている感じだ


冷酒で飲むことをおすすめとして書いてあったが、少し温めてみる。
お酒の味ががより広がってうまい!
これはなかなかのヒット
しっかりとした味わいのお酒はどんな飲み方でも行ける!


最近いろいろな温度で日本酒や焼酎を飲むことにはまりつつある
[PR]
by ito-okashi | 2005-09-13 23:32 | お酒