糸岡(つな)です。うっかり居酒屋の二代目になってしまった僕のつぶやき


by ito-okashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:お酒( 49 )

新世代栃木の酒

最近(いつもですが・・・)お酒三昧です
本日は「栃木県」の地酒試飲会

何度か触れたことがあると思いますが、
日本酒は雪が降らなくても美味しい酒が造れます
新潟地酒のイメージが強いのでしょうか
お酒には雪が入っているわけではないのに
「美味しい酒」=「雪国」
の方程式は健在のようです
たしかに、環境としては雪国は酒を造るには適していると思いますけど・・・

だから「え~、栃木?」と言う人を黙らせることができるこのような会が
もっと浸透することを願わずにはいられません


会場入りして、とりあえず25蔵で全部まわれそうなので気合注入!
当店でも最近人気急上昇の「松の寿」へ
いいねぇ~。純米吟醸、吟醸ともステキです
やはり雄町を定番で置きたい
酵母による差も比べるとよく分かった(気がする)

「鳳凰美田」こちらもコストパフォーマンスが高い
純米吟醸「芳」こだわり農家の米を使用したらしい
そんな情報なしもで純粋にお酒が美味しい

「惣誉」生酛・山廃の熟成酒がすばらしい
3年ほど寝かせたらしいお酒は旨さが凝縮された感じ

「澤姫」「大那」「開華」「旭興・たまか」などは
おいしいとおもいました。もっと評価されて欲しいです


満足だけど帰ったら仕事。
帰りの乗換えで途中下車して酒屋へ

よせばいいのに一升瓶二本お買いあげ(酔ってないですよ!)
在庫は増え続けます・・・
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-19 23:59 | お酒

ふぇすちばる

日本酒の中でも米と米麹だけで造られた「純米酒」の宴
過去数回参加しているけど、50蔵きてそれぞれが5種類以上のお酒を出すので、
考えようによっては『100酒対一人』でお酒と戦うような素晴らしい会です

今回参加メンバーは地元在住なので駅で待ち合わせ
改札前にいたら選挙応援の武部さんが!
今日は事前の宣伝もなかったようで周辺を歩いてアピ-ル
目の前まで来てくれたので、こちらも飛び切りの笑顔で手を振ってみた
なんだか既に一票入れてあげた気分になってしまった
ここで満足してしまって選挙当日は投票に行くのだろうか、俺?

おかげで電車に乗り遅れた
やはり投票はよく考えてから慎重にすべきだな


そんなわけで会場の「椿山荘」到着
全部まわるのは不可能なので気になるところだけチョコチョコと

「梵」・・・超吟という皇室献上酒の原酒が特別出品されていた
     バランス的にはこれから良くなるのでしょうか?
     「夢は正夢」「日本の翼」「極秘蔵大吟醸」など高級酒を制覇
     どれも上品で上手かった。今回一番のお気に入り
「天の戸」・・・美稲などの無濾過生、純米吟醸の熟成酒
        黒麹仕込みのお酒などいろいろと楽しめた
「獺祭」・・・またしてもいろいろと飲み比べてご機嫌になってしまった
「上喜元」・・・原料米がいろいろとあり米の違いを堪能
「天明」「富美川」「南部美人」「郷乃誉」「雁木」「浦霞」・・・


新酒が出来上がったということと流行みたいなものがあるのだろうか
無濾過生原酒みたいなお酒が多かったようです
こういうお酒は濃くて度数も高め
インパクトがあるんだけど、これだけ沢山あると飲み疲れるな
品揃えにもバランスが大切ですね
自分の店でも気をつけなくては

十人くらいのテーブル着席で弁当が出たのだけど
同席したご夫婦たちがとても酔っていて楽しい方々でした
会場には若い女性の姿も多かったのですが、このテーブルは我々以外年上
出会いに関してのご質問はご遠慮ください(泣)
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-16 23:59 | お酒

目聞き会

目聞き会という日本酒14蔵、焼酎1蔵の試飲会に行ってまいりました。
KKRホテルというプロレス参戦を表明したカイヤさんの必殺技になりそうな
名前のホテルが会場です

全部で15蔵でありますが、それぞれが10種類前後お酒を持ってきているので
さすがに全部を試飲していくと「効き酒」になってしまいます。
今回は業者向けなので、一応僕もわかったようなフリをして
ウンウンと頷きながら試飲をします。
ほとんど飲まずにまわったんですが、さすがに後半は酒気帯び状態
目をつぶって片足で立ったらおそらくコケてしまうでしょう


今回のラインナップの一部をご紹介
『獺祭』・・・精米違いで飲み比べられるのは試飲会ならでは。
       お酒が主役で飲むなら「おりがらみ」
『龍勢』・・・これから製品化される商品も出ていてどのように商品になるのか楽しみ
       「夜の帝王」という今夜は眠らせないよ的なお酒もある。
       「燗上がり純米」というお酒は燗酒にしたらホントうまい。
『開運』・・・ここで営業活動は必要ないらしく
       社長さんは来たお客さんと楽しそうに談笑
       大吟醸は個人的にとても好きなタイプ
『鶴齢』・・・無濾過シリーズはド~ンとインパクトのあるものばかり。
       新潟のお酒のイメージが変わるかも
『大信州』・・・友人にもらったことのあるお酒。
        ちなみにその時はあっという間に4合瓶を空にしてしまった。
『七田』・・・純米、純米吟醸の無濾過生酒は値段も手ごろでインパクト大
       おりがらみも微発泡で花見などで昼間から外で飲んだら
       間違いなくやられてしまいそう
『久耀』・・・今回唯一の焼酎。種子島の芋焼酎で3種類の芋を使っていた。
       白豊、紫芋、安納という3種類だったが、
       特に安納は甘い感じで個性的。
       

今回は皇居のすぐそばだったので、まわりはオフィスビル
ちょっと窓の外を見るとお仕事をしている人の姿が見える
人が仕事している時に旨い酒が飲めるって格別ですな
こっちも半分仕事ですけど(一応ね)

せっかく東京に来たので、都内見学気分でフラフラ散歩
デパートの鹿児島物産展に潜入
偶然なのか『久耀』がまたあった。
その他にも『八千代伝』『六代目百合』などの蔵元関係者が販売に来ていたので
たっぷり試飲をさせていただきました。
もちろん戦利品(衝動買いとも言う)ありです
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-13 22:53 | お酒

いくらなんでも・・・

焼酎ブームの波は落ち着いてきたものの、
いくらなんでもこれはやりすぎでは?
e0070911_14465822.jpg
焼酎の概念を超える、情熱の旨さ。
厳選の原料、清冽な水、杜氏の技が生み出す独特の香りとコクと風味。焼酎王国・鹿児島ならではの芋や黒糖の逸品、愛好家垂涎の幻の銘柄も揃って、“こだわりの百本”を選び抜きました。
鹿児島本格焼酎100本セット
(1800ml×100本)
【17セット限り】
税込210,000円
※写真はイメージです。


某物産展にて。
しかもイメージですか・・・
一升瓶100本の『福袋』は一般客には買えないでしょ?
ウチは飲食店ですけど、もちろん買えません
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-11 14:55 | お酒

あらあら・・・

仕入れの一部としてスーパーの日替わり品とか
安くなっているものをよく買いにいきます

スーパーでレジを済ませ袋に商品を入れ替えるじゃない?
レジから入れ替える台にカゴを持って移動するんだけど、
特売とかだとやはり混んでいるんですよね
一人分のスペースを見つけカゴを置こうとしたら
猛スピードで「ガラガラ一号(店内で使うカート)」でおばちゃんが突っ込んできた!
思わずひるんじゃいましたよ…。なんせ気が弱いんでね…。
でも明らかに僕の方が優先っぽい状態だったんで、そのおばちゃん
「すみませんね~」と一言

あのね、謝ったりするくらいなら無理に場所とらないでくださいよ。
自分に非があると認めているんでしょ?
だから「あらあら、これだからおばさんは・・・」とか言われちゃうんじゃない?

電車とかでも自分が座れると思った瞬間に横から座られ、尚且つ仲間を呼ばれると
腹立つんだよな~。
ドラクエでHPもMPも少なくて、しかも洞窟とかでどうにも抜け出せない
瀕死の状態なのに敵にみつかり、しかもやたらと仲間を呼ぶやつも
許せないよね~。(今日の例えはいまいちだな)

そんな出来事があった日の晩酌は・・・
e0070911_23231260.jpg『原酒あらあらざけ』
佐藤酒造では、毎年一仕込みだけ違った取り組みを行いますが、それを同じ銘柄で製品化しております。
よって、同じ製品は二度と世に出ることはありません。
無濾過の新酒は新酒の特徴であるインパクトと清涼感を持ち、その特徴をできるだけ蒸留直後の姿そのままで製品化しました

という能書きのこの焼酎、2005年のヴィンテージということで芋は黄金千貫と綾紫を使用。度数38度
お湯割りにしてみたらなんとも言えない香り。
これは綾紫特有なんでしょう。紫芋系の焼酎は香りが良いので
女性にもおすすめ。もちろん、度数も高いのでロックでチビチビもうまいです
今出荷されている「赤霧島」なんかも
芋焼酎のイメージが変わる逸品だと思います


今日はタイトルに合わせてオチをつけたつもりで自己満足
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-03 23:41 | お酒

嘘じゃないです

なんにも関係ないけど、新年度。
タイトルもエイプリルフールというだけで特に意味なし
ワンセグって何でしょう?どんどん時代に取り残されています

この週末は絶好のお花見日和。
昼間から堂々と酒が飲める素晴らしい日本文化ですね
おかげでこっちは営業妨害されています

昨日も金曜だっていうのにそれほど忙しくもならず
芋焼酎大好きなお客さんと酒談義でした。
そのお客さんはなんと100本(100種類かな?)以上の
焼酎コレクションがあるそうです。
そんなにいろいろあるのに「真鶴」だけは手に入らないらしい

そのお客さんが珍しい焼酎を定価で譲ってくれるという
なかには聞いた事のないような限定酒までOKしてくれちゃいました!
「ほ、本当にいいんですか??」
と思っていたら
「明日持ってくるよ」って。


その日に届けに来てくれました

e0070911_13461786.jpg


そこのアナタ。よだれを垂らしてないで飲みに来てくださ~い
[PR]
by ito-okashi | 2006-04-01 13:48 | お酒

ロマン

高知県から「宇宙酒」という宇宙を旅した酵母の日本酒が
4月1日に解禁されるそうです
なんでも、ロシアのロケットに高知県産日本酒酵母を乗っけて宇宙空間を
旅して帰ってきた酵母で造られたお酒だそうな・・・

この「宇宙酒」にはいろいろと厳しい規定もあるらしく
宇宙を旅し<日本酒酵母を使用していること、
原料米は高知県産の酒造好適米「吟の夢」または「風鳴子」を100%使用していること、
香味は土佐宇宙酒審査会の官能審査に合格したものなど。

味も気になるのですが僕はそのラベルにも注目です
e0070911_955359.jpg

e0070911_104413.jpg←オイオイ、大丈夫か?宇宙で未知との遭遇でもして、ウイルスに感染してきたのか?
e0070911_1015547.jpg



東京で解禁イベントがあるらしいのですが、日曜ではないので行けない。
世紀の一瞬に立ち会えないのは大変残念なことです

高知で日本酒?とか雪国でしかウマイ酒は造れないと思われている方もいらっしゃると思いますが、土佐のお酒は美味しいものがたくさんあります
しかもスッキリ軽快なタイプが多いので誰もが楽しめるはずです
宇宙酒はどんな味わいなんでしょうね
[PR]
by ito-okashi | 2006-03-25 10:18 | お酒

個性派?

e0070911_1043137.jpg酎ハイに芋焼酎とレモンなんだろうか?
確かに芋の香り、レモンの香りがする
人工的な感じのね
なんだろな・・・。
芋焼酎に炭酸がよくないのか?
芋とレモンがいまいちなのか?
みんなが主役を張ろうとしているみたい。
久しぶりにお酒を残してしまった・・・
[PR]
by ito-okashi | 2006-03-23 10:58 | お酒

やってきました、両国

昼間から両国へおでかけです
もちろん、相撲をとるでもなく、ちゃんこを食べるわけでもございません

効き利き酒会です」

今回は酒問屋主催で酒販店、飲食店向けの会なので
口に含んだお酒を出すところも用意されています
みんなが順番にお酒を出すのだけど、うまい具合に譲り合い
間違っても他人にお酒をかけてしまう事はありません

興味のない人は置いといて軽く個人的な感想を・・・
(たぶん興味がある人もつまらないので適当に読み飛ばしてください)

黒龍(福井)
出品されていたのは参考出品の生原酒ばかり。
これから火入れや割り水をするお酒ということで度数も高く
飲み応えのある濃いお酒だ。どれも黒龍らしさのような共通点がある
大吟醸の壱、弐という秋には高級酒としてお目見えするよていのお酒
やはり「さすが!」という感じ。同じスペックの造りなのに味の違いもあり
弐の方が好みだった
燗酒用の大吟醸、純米吟醸もあったけど、自分の好みでは
ありませんでした。たぶん同じ金額なら他のお酒を買うと思います

墨廼江(宮城)
先日記憶をなくした某会でも参加していたけど、前回出ていなかった
お酒を中心に頂く
中汲み純米、特別本醸造はお値段から考えてもなっとくの美味しいお酒
純米吟醸の八反錦を使ったお酒が一番のお気に入りでした

正雪(静岡)
参考出品の大吟醸は日本酒を飲んだことのない女性に是非飲ませてあげたい
日本酒のイメージが変わると思う(値段も高いけどね)
雄町のお酒がなかなかだったけど、
純米吟醸吟ぎんがの低温熟成酒の燗酒が秀逸
今回の僕の燗酒ランキングで一位です。(一般ウケは難しいかも)

瀧自慢(三重)
こちらも先日のお酒の会で倉元さんにお会いしていて、
「先日は大丈夫でしたか?」と聞かれドキッとした
どうやら僕のなくした「記憶のカケラ」をお持ちのようで・・・
「気が付いたら電車に乗っていて何とか帰りました」と答えるのが精一杯

お酒ですが、三重県のお酒のイメージがない人が多いと思いますけど
ここのお酒はコストパフォーマンスも高く美味しいお酒揃い!
本醸造でたぶんウチの店で650円くらいで出せそうなお酒は素晴らしいと思った
全体的にスーっとしみいってくるようなお酒なのでオススメです

益荒男、常きげん(石川)
山廃造りの名杜氏がいる蔵。
オススメといわれてだされた生原酒がここでは一番だった。
山廃はやはり常温、燗がおいしいな


このほかにも沢山の蔵元、お酒が来ていて
とてもじゃないが全てをまわりきれないです
こういう会の楽しみは造り手に普段聞けないことを聞いたり、
市販されてないお酒が飲めるということ。
今日はプロの試飲会でしたので、ほとんどお酒は口に含んで吐き出しました
もったいないけど・・・。
それでも、なんとなく酔ってくるというか、結構疲れるものです

途中で知り合いの飲食店の方や酒販店さんにも会ったりするのだけど、
「噂によると、この間は大変だったんですってね・・・」
ってまた言われちゃいました。
僕の「記憶のカケラ」はあと何個あるのでしょう・・・
[PR]
by ito-okashi | 2006-03-16 23:59 | お酒

ナイ・・・

シーズンインです。試飲会ラッシュです
春と秋は日本酒の会が多い季節なんです

そんなわけで、電車に一時間ほど揺られ有名酒店のお酒を楽しむ会に参加
僕のようなお酒マニアにはたまらないラインナップ。
しかも造っている蔵元さんが来ているので、いろいろ話ができたり
なによりも嬉しいのが「飲み放題」ということ。まさに夢の空間

今回は一般向けのお酒を楽しむ会なので、
利き酒と違いお酒を吐き出すところがない
すぐに酔っちゃうし、危険だなと思ったのは最初だけ。
「わんこそば」のように手当たり次第にお酒を飲みまくり!

ちなみにこの会への参加は2回目
前回は最後に焼酎をカパカパやっちゃって
逝ってしまったので今回は焼酎には近づきません

開始早々のスタートダッシュでかなりいい感じになっている

ヤバイかも・・・

アレ・・・なんだか暗いぞ・・・

また帰らぬ人になってしまうのか・・・

僕は酔っぱらって酩酊状態になると寝てしまうようです(仮死状態?)


よくおぼえてないんだけど、気が付いたら電車に乗っていました
だけど、なぜか会場の駅に向かう電車なんだよな~
帰る方向と逆に向かう電車でしかも2駅先が今日の会場ってどういうこと?

お土産のお酒ももらった記憶がないのにシッカリ握り締めている
ミネラルウォーターも買った記憶ないぞ


一緒に行った方々に迷惑かけたんだろうな
でも、思い出そうとしても、どこかで座り込んで
「だぁーじょーぶですから、帰れましゅから・・・」
って誰かに言ったことしか思い出せない
その相手の顔も思い出せない
しかも同じような座り込みを2回くらいした気がする


あ~、やっちまった!
記憶がございません


ちなみに今回の会場は2月にオープンした話題のスポット
こんなところで醜態をさらすとは・・・


時空を越えたステキな日曜日でした
[PR]
by ito-okashi | 2006-03-12 23:59 | お酒