糸岡(つな)です。うっかり居酒屋の二代目になってしまった僕のつぶやき


by ito-okashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●●の会

やたらと風の強い日曜日。
こんな日は引きこもっているのが一番のはずですが、
蝶野さん宅でホームパーティー。

集まる名目としては第1回牡蠣の会・第3回日本酒の会・第6回黒麹の会・・・。
つまりは飲みまくり食べまくりの会ということ

今回はなんと生の牡蠣がドーンと2箱。
参加人数6人に対して150個用意されているんですよ!
食べても食べても牡蠣だらけ。
何もつけずに生で食べたけど、身がしっかりして味も濃くうまい
軽く焼いた牡蠣も美味しかった
頑張ってはみたけど、食べきれませんでした
牡蠣でおなかがいっぱいになったのは初めてです
e0070911_14292335.jpg


お酒は
・王禄 「渓」 / にごり微発泡でいくらでも飲めそう。お花見しながら飲みたい
・磯自慢 愛山大吟醸 / お土産に持参。愛山らしさより磯自慢らしさがでている感じ。
・南部美人 愛山純米吟醸 / こちらの方が愛山らしさを感じた。ビバ愛山
・醸し人九平次 斗瓶取り純米大吟醸 / 1年自家熟成ということで丸みがでてきている。熟成しましたと言う感じではなく低温貯蔵酒で若さや艶やかさも感じる。僕の好みのタイプです

焼酎は
旭万年星、黒麹萬年無濾過、桜井酒造の小さな蔵などをいただいた
万年の蔵の焼酎は芋も麦もしっかりした味わいで旨い

で、今回は結局何の会だったんだろうか?
確かに食べきれないほどの牡蠣は主役でした
でも日本酒も貴重な愛山のお酒が2種類出たから「第一回愛山の会」でもあったな

テーブルの上は牡蠣、フグの卵巣のヌカ漬け、かにみそ
ということは「痛風になりましょう会」ということ?

牡蠣を食べ過ぎたせいかカラダのどこかから磯の香りがするような気がする・・・
[PR]
by ito-okashi | 2006-03-19 23:59