糸岡(つな)です。うっかり居酒屋の二代目になってしまった僕のつぶやき


by ito-okashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

W試飲会

ダブルヘッダーで試飲会です。

まず獺祭の試飲会へ…
うちのオリジナルのお酒も造っていただいていて
一番お世話になっている酒蔵です

10時からのスタートだったけど、11時20分ごろ到着
会場に入ろうとしたら蔵元の桜井さんが困り顔
なんとお酒がまだ到着してなかったんです
午前中ということもあり、お客さんはまだあまり来ていないようだけど、
お酒の試飲会でお酒が出てこなければ話になりません

しばらくしてようやくお酒が到着し、早速試飲開始!
やっぱり美味しいな~
ここの蔵は米の磨き、遠心分離機を使った搾り、火入れの有無などで
いろいろバリエーションがあるが、こういう機会がないとなかなか
飲み比べることができない
比べてみると、その違いに改めて「おっ!」って感じになります
23%の発泡にごりが素晴らしいと思った。
クリスマス限定販売なので彼女ができたら一緒に飲みたいお酒だ
実現するのか・・・???
本当はもっと飲みたいところだけど仕事もあるし、
午後の会が別の会場があるため早めにきりあげることに。



つづいて午後は黒龍、正雪、墨廼江などを
扱う問屋さんの試飲会へ

こちらの会はレベルが高いお酒がそろっていて毎回楽しみにしている会だ
しかし、おなかがすいたのでまずは昼食をたべることに
先日の試飲会のお弁当より美味しい弁当でよかった~

まずは黒龍へ
石田屋、仁左衛門、しずく、八十八号など
なかなか手に入らないし高価なお酒をいただく
う~む、さすがなんだけど、このクラスだと僕のような
庶民だと違いがよくわからない
なんとなく八十八号が良かったかな。
実際に売るとなると特撰吟醸あたりが美味しいし価格もまあまあかな

その後はすいているところを順番にまわることにした
三重県の瀧自慢はどれも美味しいかった
福岡県の美田の山廃系統のお酒も好きな味だな~
でも三重も福岡も売り辛いんだよな・・・
本当は我々飲食店が頑張って美味しさを広めていかなくてはならないけど
お酒のイメージが無い地域のお酒は難しいのが現状
でも置いてみようかな~

正雪、初亀の静岡勢もいつものようにすーっと入ってくる美味しい酒だった
墨廼江は蔵元さんに他の試飲会でも会ったのだが、今回はゆっくり話をすることができた

最近、燗酒を勧める動きがあるのだけど、
どうやら飲食店が燗酒をあまり理解していないとのこと
だからお客さんに注文されても
「これは冷酒で飲んだ方がいい。もったいない」
と嫌な顔をするらしい。

ウチの店はそのお酒を飲むのはお客さんなので、
できる限りそういった要望には答えている。
焼酎をロックにしたりお湯割りにするのと一緒で
個人の好みだからです

個人的にも温度の違いで味が違うことに最近おもしろさを感じている
焼酎のお湯割りにも共通することだけど、味がフワ~っと広がってくるんです
日本酒の燗、焼酎のお湯割り。どっちが先に始めたんでしょうね?
あ~、ほとんど飲まずにまわったけど、さすがに疲れた
今夜は肝臓さんを休ませてあげよう

今日の戦利品

e0070911_165586.jpg

[PR]
by ito-okashi | 2005-10-13 23:51 | お酒